ブログ | 十日市場ファミリー歯科 | 十日市場ファミリー歯科 | 十日市場ファミリー歯科

お電話でのご予約
tel.045-511-8789

Web予約は
こちら

むし歯で神経治療になるのはどんな時?神経治療を解説| 横浜市緑区の十日市場ファミリー歯科ブログ | 十日市場ファミリー歯科

045-511-8789

WEB予約はこちら

診療時間
9:30~13:30 × ● ● ● ● ★ ★ ×
15:00~19:30 × ● ● ● ● ★ ★ ×

★9:30~13:00、14:00~16:00

ブログBlog

記事

むし歯で神経治療になるのはどんな時?神経治療を解説

こんにちは。横浜市緑区の十日市場ファミリー歯科の正木です。

歯医者でむし歯治療をしてると「むし歯が神経の方まで到達しているので神経を取りましょう」と言われたご経験のある方もいらっしゃると思います。

今回は、そもそも神経って何?、神経治療のはなぜ必要なのか、残す方法はあるのか、神経治療後に起きることをお伝えしていきます。

 

【そもそも歯の神経って何?】

歯の根の中の先から中に入ってきており、正式には歯髄(しずい)と言います。役割としては主に、

①むし歯菌の侵入を防ぐ防御機能

②歯に栄養を与える機能

③熱い、冷たい、痛みなどの知覚を伝える機能

の3つがありあます。これにより、

①神経があることによって、歯を固くしたり、神経を保護するように歯の一部をつくったりしてむし歯菌から神経を守る役割があります。

 

②歯に栄養を与えることにより、歯の固さを保ちます。これにより歯が割れるのを防いでくれています。また、神経を取ると歯の新陳代謝がなくなり、黒く変色してくるので歯の色を保つ役割もしています。

 

③知覚が伝わることにより、歯に起こっている変化を知らせてくれる役割もしています。痛みを感じることによりむし歯を知らせてくれます。また、温度変化を感じる事により食べ物を美味しく感じさせてくれます。

 

このように神経は、歯の寿命を守るために様々な役割をになってくれる非常に重要な組織です。

 

【歯の神経の治療はなぜ必要なのか】

上記のように非常に重要な役割のある神経ですが、やむなく取らなければならない状況もあります。

どのような状況かというと

①激痛がある

②熱いもの、冷たいものが我慢できないほどしみる

③咬んで激痛を感じる

④根の先から膿がでている

このような状況が考えられます。

原因としては、神経にむし歯菌が侵入してきてしまっているか、歯にヒビが入ってしまっていることが考えられます。

むし歯菌が神経に侵入すると、激痛が起きそれを超えると神経が死んでしまい、さらにそれを超えると顎の骨の方までむし歯菌が広がり膿をつくります。このような経過をたどるためむし歯菌が神経に侵入したら神経を取る必要があります。

 

【歯の神経を残す方法はあるのか】

基本的には、むし歯菌が神経に侵入したら神経は取らなければなりません。しかし、むし歯菌が神経に入るギリギリのところで、むし歯を除去した後仮のお薬を詰めて痛みが出ないことを一定期間おいて確認できれば、残せることもあります。

 

また、子供の場合で根っこの成長がまだ終わっていないときなどは、むし歯菌に感染している神経だけを取り残りは温存し根っこの成長を促す方法もあります。大人でこの方法をすると神経全体が死んでしまうことが多いです。

 

【歯の神経を取った後に起きること】

神経は、歯の根の先から根の中に入ってきます。取る神経は、根の中に入っている神経なので神経の入ってきている根の先の方で切断します。切断することによって傷ができるので、その傷による痛みが起きる可能性があります。

 

また、奥歯などは特に根の中の形が複雑になっているので、一度ではすべての神経が取りきれずに痛みがでる場合もあります。

 

神経治療が終了した後に起きるリスクは、むし歯と破折が多いです。神経を取っているので、むし歯になっても痛みを感じません。知らぬ間にむし歯が広がっており、被せ物が外れたり、歯が欠けることによって気づくことが多いです。さらにその状態が放置されると根の中の再感染が起こり抜歯に至るケースもあります。

 

また神経を取った歯は割れやすくなるので、基本的には土台をつくりその上に全部被せる形で被せ物をして治していきます。

 

被せ物の種類によってもむし歯のなりやすさや耐久性、審美性が変わってきます。歯の寿命を考え、なるべく年をとっても自分の歯で噛めるようになっていたいと言うご希望があれば、よりむし歯になりにくく、歯が割れにくく、耐久性のある材料を選択するのも方法の一つです。

 

【まとめ】

このように歯の神経は、歯の寿命に大きく関わってきます。つまり歯の神経を取るということは、その歯が抜歯になるリスクがかなり高まることになるということです。歯が1本なくなるということは連動してその他の歯にも影響がでてきます。

 

お口の中全体の歯を守るためにも、一本の歯の神経を守ることは非常に重要なことであると考えております。緑区の十日市場ファミリー歯科では、歯の神経をなるべく残すように心がけて治療を行っております。

お口の健康ひいては全身の健康を守るためにも、違和感を感じた段階で早めの治療を心がけましょう。