ブログ | 十日市場ファミリー歯科 | 十日市場ファミリー歯科 | 十日市場ファミリー歯科

お電話でのご予約
tel.045-511-8789

Web予約は
こちら

歯の神経って大切?神経の役割| 横浜市緑区の十日市場ファミリー歯科ブログ | 十日市場ファミリー歯科

045-511-8789

WEB予約はこちら

診療時間
9:30~13:30 × ● ● ● ● ★ ★ ×
15:00~19:30 × ● ● ● ● ★ ★ ×

★9:30~13:00、14:00~16:00

ブログBlog

記事

歯の神経って大切?神経の役割

こんにちは。横浜市緑区の十日市場ファミリー歯科の正木です。

歯がズキズキ痛い、ものすごい歯がしみるなどで「神経を取りましょう」と言われた経験がある方もいらっしゃると思います。確かに神経を取れば基本的に痛みはなくなります。しかし、その後歯に与える影響もあるので慎重に判断する必要があります。今回は、この歯の神経についてお話します。

 

【そもそも歯の神経って何?】

正式名称は「歯髄(しずい)」といいます。神経繊維と血管でできています。これがある事で、冷たい、熱い、痛いなどを感じることができ、歯に栄養と水分を与えることができます。そのため、この神経を取ってしまうと、歯に栄養がいかなくなってしまうので、枯れ木のようになり割れやすくなってしまいます。その他にもデメリットがでてきます。

 

・歯の色が変わる

歯の神経を取ると代謝が行われないので、新たな組織が生まれません。そうすると古い組織が残り続け次第に歯が黒っぽくなってきます。

 

・症状が悪化する

神経は、むし歯が進まないように防御する役割もあります。そのため神経を取るとむし歯が進みやすくなります。また、痛みを感じないため症状が悪化して歯が割れたりすることにより、初めて気がつく事も多く重症化しやすいです。

 

このように神経を取ると歯の寿命がかなり短くなってしまうので、出来る限り保存した方が良いです。

 

【歯の神経を取らなければいけない場合】

そんな大切な神経ですが、どうしても取らなければいけない場合もあります。どんな時に取らなければいけないかをお話します。

 

・ズキズキ歯が痛む

何もしなくてもズキズキ歯が痛くて、夜も眠れないような状態であれば、神経を取る治療をすることが多いです。

 

・冷たいもの・熱いものがしみる

冷たいものが少ししみる程度では、神経を取ることは少ないですが、もう息をしただけでもものすごいしみる、熱いものがしみる場合は、神経を取る治療をすることが多いです。

 

・噛むと痛い

むし歯菌が神経の方まで進むと、噛んで痛いという症状がでてくる時があります。その前に激痛を伴うことも多いですが、むし歯菌が神経まで入り込んでしまったら基本的は神経を取る処置を行います。

 

・根の先からうみが出ている

この状態はすでに神経は死んでしまっています。むし歯菌が神経に感染して死んでしまい、根の先まで感染してうみが出来てしまった状態です。この場合、死んでしまった神経を取り、むし歯菌で感染した根の中をキレイにしていく治療が必要です。

 

【まとめ】

歯の神経は、歯の寿命に大きく関わりとても大切なものです。神経を取る治療をする時は、慎重に状況を判断しないといけません。緑区の十日市場ファミリー歯科では、なるべく神経を残したいという方針で治療を行っております。神経を守るためにも初期の段階でむし歯治療をすることが大切なので、定期的に歯科医院にいきチェックしていきましょう。