ブログ | 十日市場ファミリー歯科 | 十日市場ファミリー歯科 | 十日市場ファミリー歯科

お電話でのご予約
tel.045-511-8789

Web予約は
こちら

銀歯の下にむし歯ができた 治療したのになぜむし歯になるの| 横浜市緑区の十日市場ファミリー歯科ブログ | 十日市場ファミリー歯科

045-511-8789

WEB予約はこちら

診療時間
9:30~13:30 × ● ● ● ● ★ ★ ×
15:00~19:30 × ● ● ● ● ★ ★ ×

★9:30~13:00、14:00~16:00

ブログBlog

記事

銀歯の下にむし歯ができた 治療したのになぜむし歯になるの

こんにちは。横浜市緑区の十日市場ファミリー歯科の正木です。

むし歯治療をして数年経つと、また同じところがむし歯になったあるいは銀歯が取れてきたということがあります。むし歯治療したはずなのになぜと思われるかもれませんが、これには理由があります。

今回は、銀歯とむし歯の関係についてお伝えします。

 

【銀歯ってそもそも何でできているの】

保険治療でよく使われる銀歯とは「銀合金」と「金銀パラジウム合金」があります。組成はメーカーにより多少違いがありますが、主に

(銀合金)

銀、スズ、ルテニウム、白金、パラジウム、イリジウム、インジウム、ガリウム、銅、アルミニウム

 

(金銀パラジウム合金)

銀、金、銅、パラジウム、ガリウム、インジウム、イリジウム、ニオブ、レニウム、スズ、亜鉛

 

このような金属が混ざった合金になっています。

 

【銀歯はむし歯になりやすいのか】

銀歯には上記のような金属が混ざっていますが、これらの金属は唾液に溶けやすいものが多く含まれています。溶け出した金属はアレルギー症状がでやすいとも言われています。

 

また溶け出すということは、材料が劣化をすることでもあるので、その溶けた隙間からむし歯菌が入り込みむし歯になるケースも多いです。

 

また、歯ぐきが加齢や歯周病により下がることによって、銀歯と歯茎の間に隙間ができそこからむし歯になるケースも多いです。

 

神経を取ったあとに歯を全部被せるような形で治した場合に特に注意が必要で、神経を取ったあ歯は痛みを感じないので、銀歯が取れたら中がかなりむし歯に侵されていたというケースも多いので、定期的にチェックするようにしましょう。

 

【まとめ】

むし歯を取って一度銀歯で治したら、もうむし歯にならないというわけではありません。むしろ治した歯は再びむし歯になることも多いです。これは保険治療で限られた時間、材料で行うのでどうしても限界があることも事実です。

 

材料的に安定しているセラミックなどを使えば、保険のものよりもむし歯になりにくいのは確かですが、それでも絶対にむし歯にならないということはありません。

お口の中に修復物がある方は特に、定期的に歯科医院でお口の中のチェックを行ないましょう。

緑区の十日市場ファミリー歯科では、むし歯や歯周病の予防に力をいれております。お口の中に異常を感じてないときこそお気軽にお越しください。