ブログ | 十日市場ファミリー歯科 | 十日市場ファミリー歯科 | 十日市場ファミリー歯科

お電話でのご予約
tel.045-511-8789

Web予約は
こちら

お年寄りの歯を守る。8020の次の段階は?| 横浜市緑区の十日市場ファミリー歯科ブログ | 十日市場ファミリー歯科

045-511-8789

WEB予約はこちら

診療時間
9:30~13:30 × ● ● ● ● ★ ★ ×
15:00~19:30 × ● ● ● ● ★ ★ ×

★9:30~13:00、14:00~16:00

ブログBlog

記事

お年寄りの歯を守る。8020の次の段階は?

こんにちは。横浜市緑区の歯医者、十日市場ファミリー歯科の正木です。

8020運動は、80歳で自分の歯を20本以上残そうという運動ですが、この運動が始まった当初の達成率は7%程度でした。それが、平成23年には37%、平成28年には51.2%を達成しました。それだけ歯が残るようになってきましたが、それに伴い新たな問題が出てきます。

今回は「お年寄りの歯を守る。8020の次の段階は?」というお話をします。

 

【8020の次の段階は?】

高齢者

8020運動と言うのは、歯が20本以上残っていれば、物を噛むのに比較的困らないと言われていて、8020の実現によってお年寄り自身が「生涯、自分の歯で食べる楽しみを味わえるように」という願いが込められています。

今や2人に1人は、20本以上残っているわけですが、歯が残ることはもちろん良いことですが、それによって起こる問題もあります。それは「歯周病」「むし歯」「歯ぎしり」です。

 

①歯周病

歯周病

歯周病は、高齢者特有の病気というわけではないですが、高齢者になるほど歯を支えている骨も減っている傾向があります。歯周病にかかると歯を支えている骨が減り、歯がグラグラになってきます。

そうすると歯が抜けてしまいます。歯が抜けてそのままにすると、かみ合わせがずれていき、どんどん噛みづらくなり、食事の量も減っていきます。そうするとフレイルと呼ばれる状態になり、健康寿命が短くなってしまいます(噛むことの重要性はこちら「噛むことの重要性。体の健康はお口から」参照)(健康寿命については「寿命の前に健康の終りが来る」参照)。それを防止するためには、定期的な歯科検診と抜けたところも治療がかかせません。

 

②むし歯

むし歯

高齢者になると歯を支える骨が減ることで、歯ぐきも同時に下がってきます。そうすることによって本来歯ぐきに隠れていた「歯の根の部分(象牙質)」が露出してきます。この歯の根の部分はむし歯になりやすく、根面う蝕と呼ばれるむし歯になりやすいので、注意が必要です。ただし、注意が必要だからとゴシゴシ力を入れて磨いてしまうと、根の部分が削れてきてしまうこともあるので、丁寧に優しく磨くようにしましょう。

 

③歯ぎしり

歯ぎしり

高齢者になると噛む力によって、歯がすり減ったり、欠けたり、割れたりすることも起きやすくなります。歯ぎしりのある方は特に注意が必要です。歯ぎしりをする方は、マウスピースで歯を保護することを検討しましょう。

 

【まとめ】

8020運動のおかげもあってか、お年寄りの歯は残るようになってきています。ただし、それによって起きる問題もでてきます。いつまでもご自分の歯で噛むためには、普段の正しいセルフケアと定期的な歯科検診がかかせません。歯は健康とも密接に関係していますので、いつまでも健康でいるためにも歯を大切にしていきましょう。