歯周病治療 | 十日市場ファミリー歯科歯周病治療 | 十日市場ファミリー歯科

お電話でのご予約
tel.045-511-8789

Web予約は
こちら

歯周病治療 | 十日市場ファミリー歯科歯周病治療 | 十日市場ファミリー歯科

045-511-8789

WEB予約はこちら

診療時間
9:30~13:30 × ● ● ● ● ★ ★ ×
15:00~19:30 × ● ● ● ● ★ ★ ×

★9:30~13:00、14:00~16:00

歯周病治療Periodontal disease

歯周病という言葉を聞く機会はよくあると思います。
しかし「歯ぐきが腫れて出血してしまう病気」などと、ぼんやりと捉えてしまっている方も多いのが現状です。
歯周病は、「サイレント・ディジーズ」とも言われ症状なく進むこわい病気です。
実に日本人の8割以上、世界的に見ても人類最多の感染症と言われており、ギネスにも認定されています。
自覚症状がなくても、その予防や治療にしっかりと取り組んでいく必要があります。

歯周病は歯を失ってしまう原因の一位です

むし歯は風邪などのように時間が経てば自然と治る病気ではありません。むしろ、時間が経つほど虫歯は進行します。
そのため早期発見をすることが、歯の寿命を延ばし、少ない痛みで治療をするためには大切になります。
その際に歯の神経をいかに残すかということが非常に重要です。
どんなに良い被せものや治療をしても、天然のご自分の歯に勝るものはありません。
そのため当院では、なるべく抜かず、削る範囲も最小限になるように歯をいかに残すかを考えた治療を行っています。
また、治療後に再度虫歯にならないための予防に関するご相談・ご説明も行っております。

歯周病は歯を失ってしまう原因の一位です

歯周病とは?

むし歯が、口の中の原因菌により「歯が溶かされてしまう病気」であることに対し、歯周病は「歯を支えている骨が溶かされてしまう病気」です。歯周病というのは、歯周病菌から自分の体を守るために免疫力が働き病気になるのを防ぐために1本の大切な歯を犠牲にしようとするのです。つまり免疫力の高い健康な人ほど歯周病になると進行も早くなります。
歯周病の始まりは「みがき残し」からはじまり、それが残り続けることによって歯ぐきの腫れや出血、歯がグラグラする、といった症状が現れてきます。
そのため日ごろのブラッシングと、それでは取り切れない汚れを取るプロフェッショナルケアを並行して行う必要があります。

  • 軽度歯周炎

    軽度歯周炎

    ・歯周ポケット4mm
    ・歯茎が赤く腫れる
    ・歯茎から出血する

  • 中度歯周炎

    中度歯周炎

    ・歯周ポケット6mm
    ・口臭が気になってくる
    ・歯肉が下がり、歯が長く見える

  • 重度歯周炎

    重度歯周炎

    ・歯周ポケット8mm
    ・歯茎から膿が出てくる
    ・歯がグラグラしてくる

※歯周ポケットとは、歯と歯肉の間の溝のことです。歯周病が進行するとこの溝が深くなっていきまので、その深さを測ることで病気の進行度を判断します。

歯周病と全身疾患の関係

歯周病と全身疾患の関係

歯周病の影響は、口の中だけにとどまりません。口の中で増えた歯周病菌が誤嚥や血管を通して全身に回り、様々な疾患を引き起こすといわれています。身体全体の健康を考えたうえでも、歯周病の予防・治療は重要になってきます。

歯周病との関連が指摘されている疾患

・糖尿病  ・心筋梗塞  ・狭心症  ・心内膜炎  ・誤嚥性肺炎
・動脈硬化 ・脳梗塞 ・低体重児出産 ・早産

歯周病の治療法

  • スケーリング(歯石取り)

    スケーリング(歯石取り)

    歯周病やむし歯は、歯の表面のエナメル質にプラークや歯石がついて進行します。いったんついてしまった歯石は歯磨きでは落とすことができませんし、きちんと歯を磨いていても歯ブラシが届きにくい場所には歯石がついてしまいます。そのため歯石を落とすためのクリーニングをスケーリングと呼びます。3ヶ月?6ヶ月に一度は歯科医院でスケーリングを行いましょう。

  • ルートプレーニング

    ルートプレーニング

    この処置は、スケーリングの次の段階の処置となります。
    歯周ポケットの深いところにある歯石や歯垢を除去し、歯の根っこの表面を滑らかにします。これによって、歯石の再付着や歯周病菌の増殖を防ぎます。 痛みが出る場合は、麻酔を行って処置します。

  • 薬による治療

    薬による治療)

    歯周病は、お口のなかの歯周病菌によって引き起こされます。この菌は常在菌と呼ばれ、多くの人の口の中に普通に存在する菌です。歯周病にかっかっている人は、この菌が増殖してしまっている状態です。この菌を抗生物質などの飲み薬や、歯ぐきに直接塗布する塗り薬などで制御して、病気の進行を抑えます。

  • ルートプレーニング

    各種処置・検査

    歯周病の治療のために、各種処置や検査を行います。
    PMTC・歯周ポケット検査・動揺度検査・PCR(プラークコントロールレコード)・レントゲン検査・かみ合わせ検査

歯ぎしり・食いしばりと歯周病の関係

歯周病と全身疾患の関係

歯ぎしり・食いしばりとは、寝ている時に無意識に歯を強くこすり合せてしまったり、強くかみしめてしまう症状のことです。

歯周病への悪影響

歯周病は、歯を支える歯ぐきの骨が溶けてしまう病気です。歯周病が進行すると、歯がグラグラしてきます。この時に、歯ぎしり・食いしばりが歯に与える悪影響は容易に想像がつくと思います。そういった方に向けて、就寝時に取り付けるマウスピースの製作も行っています。