ブログ | 十日市場ファミリー歯科 | 十日市場ファミリー歯科 | 十日市場ファミリー歯科

お電話でのご予約
tel.045-511-8789

Web予約は
こちら

暑い季節はむし歯にも注意?!| 横浜市緑区の十日市場ファミリー歯科ブログ | 十日市場ファミリー歯科

045-511-8789

WEB予約はこちら

診療時間
9:30~13:30 × ● ● ● ● ★ ★ ×
15:00~19:30 × ● ● ● ● ★ ★ ×

★9:30~13:00、14:00~16:00

ブログBlog

記事

暑い季節はむし歯にも注意?!

こんにちは。横浜市緑区の歯医者、十日市場ファミリー歯科の正木です。

ここ数年は、毎年猛暑と言われ暑い夏が続いています。暑い夏は、水分補給が必須ですよね。

そこでよく飲まれるのが、「スポーツドリンク」です。効率的な水分補給のためにスポーツドリンクには、ナトリウムと糖質が含まれています。そんなスポーツドリンクですが、むし歯にはなりやすい面もあります。今回は、「暑い季節はむし歯にも注意?!」というお話をします。

 

【スポーツドリンクの問題点は糖質量】

暑い季節は、汗と一緒に塩分も排出されます。そのため脱水症状も起きやすくなります。そのためスポーツドリンクのように、ナトリウム糖質が含まれている方が、効率よく水分補給ができるようになります。

 

そんな良いところもありますが、一方でむし歯にとっては大好物となる、糖質の量が多く含まれています。糖質の値は砂糖が4~6%と記載されており、500mlのペットボトルにスティックシュガー10本分ぐらいの砂糖が含まれています。砂糖は、むし歯菌の餌となり大量の酸を作り出す原因にもなります。

 

もう一つが、スポーツドリンクは意外と酸性度の高い飲み物だということです。一般的なスポーツドリンクのPHが3.5ぐらいと言われています。歯が溶け出すのがPH4.5なので、砂糖と相まってさらにむし歯になりやすくなります。

 

【飲むにしても飲み方に工夫をしましょう】

スポーツドリンク

お口の中に物が入ってきた時の、お口の中のPHの変化をグラフで表した「ステファンカーブ」という有名なグラフがありますが、これによると飲食をするたびにお口の中は酸性に傾き、唾液の力によってそれが中和され、また飲食すると酸性に傾くといったように変化します。暑い時はお口の中が乾いて唾液の量も減るので、よりむし歯になりやすい環境と言えます。

 

これを踏まえた対策としては、ダラダラと長い時間をかけて飲むよりも、同じ量を飲むにしても短時間で飲むことです。そうすることによりお口の中が、酸性になっている時間を減らすことができるので、むし歯のリスクを減らすことができます。

 

【まとめ】

スポーツドリンクだけでなく、炭酸飲料やジュースも同じくリスクが高いです。経口補水液は、糖質も少なめなので、脱水症状対策として活用してもいいかもしれません。

どうしても糖質の高い飲み物を飲む時は、短時間で飲んだ後は、歯磨きやせめてうがいをするようにしましょう。